犬種

体重管理ができるドッグフード

愛犬の寿命が長くなる中で注意しなくてはいけないことがあります。
それは体重の管理です。
ドックフードの進化によって、少量でも豊富な栄養素を得ることが出来るようになりました。

ドックフードの中でも、総合栄養素といわれているドライフードと水だけでも生きていけるほど栄養価がしっかり確保されています。
そこでつい美味しく食べている愛犬にたくさんごご飯を与え過ぎてしまうと、肥満になりやすくなります。
子犬の頃や成犬に成り立ての頃は運動量も多く、多少多く食べてしまってもその分、運動量が多いため肥満になることは少ないです。

しかし成犬後半やシニアの年齢になると、運動量が一気に落ちてしまいます。
運動量が落ちることで、代謝が低下してしまいます。
なので同じ量を食べていると、消化されることなく脂肪として体内に蓄積して肥満体になってしまいます。

さらにシニアになると消化機能も低下してしまいます。
よってよりドックフードが体の負担になってしまうことが考えられます。
そういった愛犬にお勧めなのが、体重を管理できるドックフードです。

体重を管理できるドックフードは、今までと同じ量を食べていても、低カロリーで脂質が抑えられて作られています。
なので今まで通り食べていても、安心して与えることができます。
原材料としては、玄米などの食物繊維が多いものがメインとなっていて、腸内環境を整えてくれる働きが期待出来ます。

そして比較的にカロリーも朝得られるチキンを使用することで、おいしく食べることも出来ます。
またアレルギーなどにも対応している物も多く、ラム肉などを使用しているものもあります。
またカロリーだけでなく、太り過ぎた体系や毛艶なども改善することができます。

そして脂肪を燃焼させるために筋肉も衰えることなくしっかりキープすることができます。
太り過ぎだからといって、今までのドックフードの量を減らすといった方法だけはやめましょう。
体重管理できるドックフードでは、低カロリーでありながら必要な栄養素と不足がちな栄養素の両方を確保することが出来ます。

愛猫をぽっちゃりと太らせてしまった時の対処方法がhttp://fridaynightrunning.com/に載っています。
また、太ってしまう前に普段から気をつけていることが理想的なので愛猫へのキャットフードの与え方のサイトも参考にしてください。


Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.