犬種

多頭飼いにおすすめのドッグフード

今愛犬家の中でも一匹だけで無く、何匹か一緒に飼っている家庭も増えてきました。
同じ犬種で時期も同じぐらいでしたら全く問題あありません。
しかし、ほとんどの家庭の場合は、犬種は一緒でも年齢の違いがあったり、犬種も異なる場合がほとんどです。

そういったときに迷ってしまうのがどのようなドッグフードを選ぶかです。
あまりにも年が離れていて、シニア犬と子犬が一緒に生活をしていると、食事に大きな違いが出てきます。
子犬は一番の成長期なので、ドッグフードも高カロリーで栄養素がより豊富なものを食べさせなくてはいけません。

しかしシニア犬には、その逆で低カロリーな物を与えなくてはいけません。
しかしやはりドッグフードの美味しさでいえば子犬のほうが美味しいため、別にしていてもシニア犬に食べられてしまうこともあります。
それではどちらの犬にとっても、悪影響になってしまいます。
愛犬の年齢別に必要なカロリーがhttp://showeryourpets.com/に載っていますので参考にしてください。

そのため、まずはしつけとしてしっかりお皿を変えて、それぞれ違うものを食べさせるようにしなくてはいけません。
そうでなければ、それぞれの犬がどれだけの餌を食べているのかなど、体調の管理が難しくなってしまいます。
ただし多頭飼いでも、同じような年頃の犬同士であれば、なるべくドッグフードを同じものにした方がいいでしょう。

数が多くなるほど、ドッグフードにかかるコストはとても高くなります。
なので一匹ずつ対応したものを与えるのが難しくなります。
それならば高品質なものを大袋になって売られているものを与えたほうが、犬にとっても喜ばれます。

特に大袋になったものは、コスト的にも安く抑えることができます。
また購入方法としてはネットや通販などで購入することがお勧めです。
やはり大袋となると女性が一人で買い物に行くのにはとても大変です。

車などがあればまた別ですが、電車や自転車での生活の人には、かなり大変な作業です。
信頼できるネットや通販ショップを見つけ、お得な時に購入しておくことがお勧めです。
そうすることで、重いものを苦労して持つことなく、安くいいものを手に入れることができます。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.