犬種

成犬用のドッグフード

愛犬家にとって一番大事なことがあります。
それは食事の選び方です。
ドックフードも今ではいろんな種類のものが発売されるようになりました。

とても安く購入できるものから、プレミアムフード無添加のドッグフードなどが販売されています。
なのでどのようなものを購入したらいいのか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。
そしてもう一つの飼い主の大事な事といえば、成長によってドックフードを切り替えなくてはいけないということです。

一番最初は1歳になるまで子犬用のドックフードを与えます。
その後1歳過ぎてから6歳までは、成犬用のドックフードを与えなくてはいけません。
なぜなら子犬用はドッグフードの中で最も高カロリーで栄養素が豊富に含まれています。

それは一番の成長期であることと、成犬に比べて2倍以上のエネルギーを消費するからです。
なので自然とカロリーが高いものが多いといえます。
よって成犬になっても子犬用のドッグフードを与えてしまうと明らかにカロリーオーバーになります。

そのため、肥満体になって様々な病気を引きおこしてしまう可能性が高まってなってしまうでしょう。
成犬用の特徴としては、健康的な生活を送るために必要な栄養素をしっかりとるという事です。
どのような栄養素が含まれているのかはhttp://voiceisheard.com/にかいてあります。
ただし犬の場合は、小型犬、中型犬、大型犬の3種類に大きさが分かれます。

それぞれ成犬の大きさに成長する時期が異なります。
なので成犬用のドックフードに切り替える時期が違うということになります。

一番早いのは小型犬です。

小型犬は9カ月から12カ月の間に成犬へと成長します。
なのでおおよそ10カ月ぐらいから成犬用のドックフードに切り替えても大丈夫です。

中型犬の場合は、12カ月目には成犬の大きさへと成長します。
なのでちょうど生まれて1歳を過ぎたころから成犬用に切り替えましょう。

大型犬の場合は、18カ月から24カ月の間で成犬の大きさへと成長していきます。
3種の中では一番成犬用のドックフードに切り替えるのが遅いです。

成犬用のドックフードは、総合栄養食として作られているドライフードを選ぶようにしましょう。
成犬用のドックフードのほうが大きさも大きくなり、噛みごたえがあるものが多いです。

またシニアに向けて、多くの病気が発症する可能性が高まる時期です。
なので病気予防のための栄養素も豊富に含まれています。
骨や骨格を保つこと、免疫機能を高めること、皮膚や筋肉の健康維持、消化機能などが健康維持できるような栄養素が含まれています。
成犬用のドッグフードでおすすめの商品がhttp://www.wanderers-rest.com/に載っていますので参考にしてみてください。


↑こちらには愛犬をしつけするときのポイントが載っています。
基本的なしつけはもちろんですが、一発芸など変わった芸を覚えさせるととてもかわいいので是非挑戦してみてください。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.