犬種

ドッグフードに入っている肉副産物って?

日本には多くの愛犬家がいます。
愛犬家にとって、いつまでも家族の一員として長く一緒にいたいと思いますよね。
そんな人にとって大事なことが、ドックフードの選び方です。

ドックフードは、多くの種類が販売されているので、購入する際には悩んでしまう人が多いでしょう。
年齢、体質、好みなどいろんなことを考えながら選ばなくてはいけません。
しかも多くのメーカーからいろんなドックフードが販売されています。

多くの商品から、愛犬に合ったものを選ぶのはとても大変なことです。
だれしもが体にいいものを食べさせてあげたいと思うでしょう。
その際には、必ず原材料の表示を確認してから購入しなくてはいけません。

原材料の中でも、肉副産物とかかれていた場合は、注意が必要です。
肉副産物とかかれていたら、何かしらの肉の部分のことではと思いがちです。
しかしその中身は、肉自体ではありません。

肺や腎臓、胃や腸などの内臓系のことを指します。
その他にも血液や骨や皮などを加工したものを含んでいる場合があります。
粗悪品の場合は、糞尿や羽などが含まれている場合があります。

そしてもう一つ気をつけなければいけない要因として、肉副産物には4Dミートと呼ばれるものを使用している場合があります。
死んだ動物の肉を指すDead、死にかけていた動物を指すDying、障害のある動物を指すDisabled、病気の動物を指すDiseasedの頭文字のDをとった名称です。
このような動物の肉を使用して作られているかもしれないと思ったら、愛犬には食べさせたくないと思いますよね。

そのほかにも路上で亡くなった動物の死骸、安楽死したペット、スパーなどで賞味期限の切れた肉などが含まれている場合もあります。
このように肉の副産物にはどのようなものが入っているのか分かりません。
このようなお肉を総称して、肉副産物と呼ばれています。
肉副産物を使用することでかさましになり、原価をおさえて安価でドックフードを提供しています。
安全なものを愛犬に食べさせたいという人は、肉副産物を避けて購入するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.