犬種

仔犬用のドッグフード

今多くの愛犬家にとって、犬ペットとしてではなく大事な家族として一緒に過ごしています。
小型犬、中型犬、大型犬まで種類も多く、いろんな犬が飼われています。
どんな犬でも生まれて数ヵ月後は、子犬として一番かわいい時期を迎えます。

ペットショップなどでも、価格的に高いものは生まれてすぐの時期か子犬の時期の場合が多いです。
なぜなら犬の成長は早く、4カ月から1歳までが子犬としての時期になります。
1歳以上になると成犬としての時期に入ってしまいます。

なので子犬としての期間は、あっという間に過ぎてしまいます。
そんな子犬の時期は、まだ小さく甘えてきてくれるのでとても可愛い時期です。
この時期の子犬は一番の成長期に当たり、犬の体が最も大きく成長する時期です。

なので子犬を飼う上で一番大切なことがあります。
それは子犬への食事です。
子犬が成犬になるにあたって、必要な栄養素がより多く含まれていなければいけません。

だからこそ身近に期間であっても、子犬用のドックフードが販売しています。
子犬用のドックフードには、動物性のたんぱく質を含め多くの成分が豊富に含まれています。
それは成犬に比べて子犬のほうが2倍も多くエネルギーを消費するからです。

なので動物性たんぱく質を中心としたエネルギー以外にも、栄養素が豊富でバランス良く含まれていることが重要になります。
ただし少量ですが高カロリーのため、食べる過ぎると肥満になってしまいます。
なので1日2回、一定の時間を決めてドックフードを与えるようにしなければいけません。

また子犬といえでも、小型犬、中型犬、大型犬とすべて同じ子犬用を与えてはいけません。
なぜなら、子犬のほうが代謝が早いために大型犬に比べて早く成犬になるという特徴があります。
その分短期間で成長していくわけですから、小型犬の子犬用のほうが栄養素をギュッと凝縮して作られてなくてはいけません。

そしてもう一つ重要な点としてはドックフードの大きさです。
小型犬はドックフードを食べる前は、おっぱいやミルクで育てられています。
なので、急に固いものなどは食べることができません。
子犬用のドックフードの場合、少し柔らかめになっているものから小さくかみ砕きやすく工夫されているものもあります。

犬同様に愛猫家の方もたくさんいらっしゃると思います。
猫にも子猫の時期がありこの時期は食事に気をつけてあげる必要があります。
こちらに子猫用のキャットフードが載っています。
また、こちらには一般的なキャットフードの種類と口コミや通販サイトで人気の商品が紹介されています。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.