犬種

犬種によってドッグフードは違う?

犬を家族の一員として大事に飼っている人が増えています。
芸能人でも愛犬家も多く、犬に関係する商品が数多く販売されています。
ペットショップなどに行くと、子犬たちがショーケースの中にたくさんいます。

中でも人気が高まっているのは、小型犬です。
犬には、小型犬、中型犬、大型犬がいます。
以前は大型犬を飼うことがステータスとしていた時代もありました。

今ではマンションや室内で犬を飼う人がとても増えてきました。
すると自然と小型犬の人気が高まりました。
小型犬は、ペットショップに行くととても高額で販売されています。

それは純潔もので、血統証つきのものばかりです。
チワワやシーズー、マルチーズ、ポメラニアンなどは人気の犬種です。
これらの犬種には、専用のドッグフードが販売されています。

小型犬といっても、犬種によって性質や体質などが異なります。
かかりやすい病気や、アレルギーなどの心配もあります。
そこで、犬種ごとの体質に合った専用のドッグフードが開発されました。

純血種ほどこのような病気やアレルギーを起こしやすいということが分かっています。
なのでそれらのトラブルを未然に防ぐという意味で、購入されることが多いです。
例えば、チワワの場合は、とても元気に動き回るわりにきゃしゃな骨格になっています。

なので骨などを丈夫で健康を保つために、豊富なカルシウムやリンが含まれています。
またチワワのあごに合わせて食べやすい大きさに加工されているのも特徴です。
トイプードルの場合は、巻き毛を美しく保つためにマリンコラーゲンを使用したものもあります。

また敏感肌で、耳が弱いため、健康維持に効果的なラクトフェリンが含まれているものもあります。
コーギーの場合は、短い脚で大きめの体を支えなくてはいけません。
なので足腰を丈夫に保つためのグルコサミン、コンドロイチンなどが含まれています。
また太りやすいため、低カロリーで脂肪分が抑えることで理想体重を保つことができます。
このように犬種によって特徴が異なるため、より愛犬にやさしいドッグフードといえます。
犬種別ドッグフードがこちらでいくつか紹介されています。
また、犬種ごとのドッグフードでなく一般的に販売されているものでも選び方によっては良いと思います。
ドッグフードを選ぶときの基準がこちらにまとめてありますが、
添加物を含まない無添加のドッグフードの中から選んであげると良いのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.