犬種

愛犬のためのドッグフード選び

今ペットは家族にとって人間と同様、大事な一員として一緒に暮らしている人が多いです。
そのため、日本で販売されているドッグフードも年々質が向上しているのが分かります。
それと同時に愛犬の寿命が延び、人生を共に長く生きていける場合が増えました。

そこで愛犬のために選ぶドッグフードとはどのようなものがいいのでしょうか。
まずドッグフードを選ぶ際に、気をつけなければいけないことが二つあります。
まず一つ目は、成長に合わせてドッグフードを変えていくということです。

離乳食を始めたころから1歳までに与えるのが子犬用のドッグフードです。
一番の成長期にあたるため、多くの栄養素が含まれています。
1歳から6歳の間が成犬用のドッグフードになります。

健康的な体を維持できるようにバランスのとれた栄養素が配合されています。
最後に7歳以上の高齢の犬には、シニア用のドッグフードがお勧めです。
新陳代謝や消化が鈍くなってきているので、低カロリーのものが多くなります。

このように成長に合わせて体は変化し、それに応じたドッグフードを選ばなくてはいけません。
またドッグフードは大きく分けて三種類あります。
http://www.arimahp.jp/でも紹介されているように
ドライタイプ、ウェットタイプ、セサミタイプです。

主に選ぶものとしては、ドライフードが一番お勧めです。
それは、ドライフードは栄養総合食といって、犬の成長に必要な栄養素をすべて含んでいます。
なのでドッグフードと水だけで十分生きていけます。

それ以外のウェットタイプやセサミ対応は水分が多くとれるメリットがあります。
また趣向性が強いため、おやつやご褒美として使用するのもお勧めです。
食欲がない時に使用したり、高齢になり固いものは噛みにくくなった場合などに用いられます。

犬の場合は、小型犬、中型件、大型犬といって犬の種類によって成人後の体の大きさが異なります。
そのため成長段階によって必要な栄養分も異なります。
小型犬におすすめのドッグフードがこちらで紹介されています。

ドッグフードはいろんな種類が豊富に販売されているため、愛犬がおいしく食べてくれるドッグフードを探しましょう。 原材料と品質にこだわったドッグフードについても是非、参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.