犬種

悪質なドッグフードにはどんなものが使われている?

日本で発売されているドックフードはどれも安全なのではと思っている人が多いでしょう。
しかし実際は、アメリカやヨーロッパに比べると、ペットフードの原材料の規制はとても緩いといわれています。
以前は安価なペットフードがたくさん売られていて、価格競争が激しくなりました。

その際に原材料を抑えるために、危険な有害物質などが含まれたペットフードが販売されていました。
その後日本では平成19年にペットフード安全法が成立しました。
これによって有毒な物質が規制され、原材料の記載、製造元などの記載が義務づけられました。

以前よりも自分の目でしっかりと見極めて購入することができるようになりました。
このことから飼い主の知識がとても重要になります。
それではどのようなものが悪質なドックフードといえるのでしょうか。

悪質なドックフードの中には、添加物を含んだものがあげられます。
例えば、保存期間を長くするために防腐剤などを使用しているものもあります。
これらの添加物の代表的なものといえば、エトキシキン、BHA、BHTなどがあげられます。

そのほかにもカビの毒としてアフラトキシンB1などの含まれているものがあります。
これらは実際に肝臓がんの原因になることが実験で分かっているほど危険な物質です。
また感染症、病原菌、農薬なども含まれている場合があります。

もう一つ危険なものとして、4Dミートの使用です。
アメリカでもっとも肉として最低ランクの肉のことを指します。
3Dミートですら人間が口に入れるのには危険といわれている肉です。

それよりもさらに危険な肉だということです。
死にかけている動物、動物の死骸、病気の動物、障害のある動物の肉を使用したもののことを指します。
このような肉を使用したものを、とても食べさせられないと思うのが普通でしょう。

しかしこのようなものを使用している背景には、安いドックフードを求めている人が多いということです。
安いドックフードは原材料を抑えなければ実現できません。
そのためこのような、4Dミートが使用されています。
原材料には、肉副産物として記入されているので、原材料を確認してから購入するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.