犬種

オーガニックドッグフードを扱うメーカーは?

今私たちに人間の食生活に関しても、健康志向がとても高まっています。
安心して口に入れられるもの、おいしく食べられる食材を求める人が増えています。
そんな人が購入するのが、オーガニック食材です。

栽培方法にこだわり、無農薬で、遺伝子組み換えなどをされていないものを使って栽培されている野菜や養殖された家畜が増えています。
そいった安全施行は人間だけではありません。
愛犬家の中でもそういった思考がとても強まっています。

それは、愛犬も人間と同じく家族の一員として大事に育てられるようになったからだといえます。
日本では10数年前まではペットフードに関する規制が何一つありませんでした。
なので安価名ドックフードが価格競争をおこし、製品が多く販売されてしまいました。

平成19年に初めてペットフード安全法が制定されましたが、まだまだ諸外国に比べて規制が緩いものです。
ただしドックフードに対しても見方が変わり、より安全で高品質なものを与えたいという需要が増えました。
それによって需要が増えたのがオーガニックドッグフードです。

原材料へのこだわりが最も強く、原材料自体の生産経路など徹底して管理されて作られています。
なので安心して愛犬に与えることができます。
特にアメリカで販売されているオーガニックドックフードの規制が厳しく高品質だといえます。

なぜなら米国農務省の認定を受けたオーガニック素材を75パーセント以上使用していなければいけないという決まりがあるからです。
この基準を満たさなければ、オーガニックドックフードとして販売してはいけないと法律で定められています。
具体的なブランドとしては、アメリカ製のカルマ、ドイツ製品のボッシュ、オランダ政府で認められているヤラーなどがあげられます。

中でもヨーロッパでは、KRAVやSkalといったオーガニック認証機関があります。
厳しい審査の元クリアしたものだけがオーガニックドックフードとして認められます。
なのでより高品質なオーガニックドックフードを与えることができるといえます。
こちらには一般的なドッグフードに含まれている栄養分についてや、危険なドッグフードによって起こったトラブルなどが紹介されています。

Copyright(C) 2013 大切な家族を守るために必要な対応 All Rights Reserved.